薪ストーブのある家

薪ストーブのある家に住みたいと思っています。郊外であろうと、近隣とあまり離れていない場合、「木の燃えた臭い」や「すす」、「煙」に苦情が多く、薪ストーブが欲しくて家を建てたのに、ストーブを断念しなくてはいけなくなることになってしまった方も多くいます。何が問題かと言えば、2次燃焼がしっかりとされずに、煙の臭いやすすなどが表に出てしまい、それが結果近隣住民への被害へと繋がってしまう点だと言うことです。 今は3次燃焼、4次燃焼まで行われる燃焼率のいい薪ストーブが開発されています。また薪ストーブによる火事もありますが、この点にも配慮した施行業者も出てきました。このような業者を使って、近隣に迷惑をかけずにゆっくりと焚火の燃える炎を眺める暖炉のある家、薪ストーブのある家は、理想の家です。 白金高輪駅マンション売る